≫ 毎週月曜日配信 ★メルマガ2000名さま突破★

楽しい家計簿のつけ方は収入-支出だけで終わらないこと☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

収入ひく支出では赤字家計になる月が出てくる!使う前に赤字を予防する攻めの家計簿☆

よく、収入ー支出に収めればいいよと言いますが、それだけでは赤字家計の月が出てきます。

完全に支出の把握だけが家計簿の目的なら、赤字の月があってもいいと思うのですが、せっかく家計管理をやるならずーっと黒字家計がいいなぁと思いませんか?

赤字家計の月は例えば下記のようなイメージです。いつもと変わらない生活を送っているのにイベントや年払いの固定費や税金で、簡単に赤字になっちゃいます。仕方がないんだけどモヤっとしますよね。

ボーナス時はお財布が緩んだり、気が大きくなりやすいので、小さな贅沢がちりも積もって大金になっちゃったりします。(ずっと欲しかったものを買うのはいいですが、覚えてもいないものに大金を払うのは嫌ですよね)ボーナスは使う前に使い道と予算を決めておき、守るということが大切です♡

収入ひく支出の記録だけではダメな理由解説画像

そこでおすすめなのが、「収入(先取り貯金済み)ー支出ー積み立て♡

毎月の貯金額は減りますが年間通して黒字家計に収めることができるようになります!

収入ひく支出ひく積立が家計管理の正解

ブログでよく「お金が貯まる気しかしない♪」と私が言っているのは、お金がかかる月を予想して、積み立てているからです╭( ・ㅂ・)و ̑̑

確実に各積立が貯まっている様子が分かる現金袋わけをおすすめしています。

参考 年払いの支払いの積立金計算方法

hanaの袋分けファイルは変形A4

家計簿で毎日の支出を制限する思考から、年間支出を予想する思考にどんどん変えていってください(o^^o)家計簿は単なる分析ツール。使いこなすには工夫が必要です。積立と予算で攻めの家計簿作りを目指していきましょう♡

気づき

各支出項目の年間平均を出して、固定しちゃえば、各項目に赤字と黒字のボーダーライン(自分だけのの基準)ができます。

セールなどの損得ではなく、自分の基準に沿って家計管理をすることが、自分軸のお金の使い方♡

参考 衝動買いを脳科学・心理学・行動経済学を学んで対策☆

1日333円なんとなーく使うと月1万円無駄遣いします。1日333円節約したり、不用品を売ったりポイントサイトで利益を得ることは誰にでもできますよね。

月1万円増やすのも減らすのもとっても簡単なんです!なんとなーくではなく、最大の至福のためにお金を貯めたり、使っていきましょう♡

コメント