1年間に100万円貯める方法って魅力的ですか?

1年間に100万円貯める方法って魅力的ですか?



広告



大きな夢のためにはお金が必要!

1年間で100万円貯めた方法

昔の私なら食いついていたタイトルです(笑)
でも、今は違います。
だって

我慢して必要なもの以外何も買わなければ100万円あっという間に貯まるでしょ。
年収1000万円くらいあるなら余裕でしょ。

1年間で「ストレスなく欲しいものを買って」100万円貯めた方法なら
読みたいですが・・・内容はなんとなく想像できますよね(。-_-。)

節約本の流れ

節約本を読んでいると本当に飽き飽きするのですが、

自己紹介(実績とか)

家計簿をつける(ほぼここがメイン。しかもやることいっぱいありすぎ)

固定費削減(やっとお金が貯まるかも?でも手続面倒!)

保険に入れ(不安をあおるデータ付き。)

投資しよう(え!減る可能性あるじゃん)

大体こんな流れですよね?
みんなこぞってこれ。
言い方変えているだけ 。

だれも「夢」に着目していないんです。
将来には不安がまっていますよ、お金を貯めましょう。なんです

これが節約・貯金は
つまらない、つらい、苦しいというイメージにつながるんじゃないかなと思います。

本当は100万貯めることが目的ではなくて、

  • 家族と温泉旅行にいきたいとか
  • 値札を見ずに好きなもの買いたいとか
  • 庭付き一戸建てに住みたいとか
  • 親孝行してあげたいとか

きっと、貯めたあとの生活(お金を使うこと)がお金を貯める目的なのではないですか?

金額を目標にするからつまらないんです。
使うことを目標にしてください

そしたら考えが変わりますよ。
私もガラっと変わりました。

節約雑誌を読むときも、節約方法ではなく、
「お金を貯めて何を買ったか」
「何を目標にこの人はお金を貯めたか」
ここに注目してください。

この人は
親の支援があるから
ボーナスがあるから
社宅だから…
そんなところ比べている場合じゃないです!

夢の大きさを比べてみてください。

節約に成功している人は使う目的もなく貯めている人はきっといないはずです。
夢のためにお金いるからお金を貯めるんです。

スポンサーリンク

欲こそ人生を豊かにする原動力

人間は年をとると欲がなくなるそうです。

年をとったおばあちゃんは、欲しいものがなくなって孫にどんどんお金をかけるそうです。
だからね、お嫁さんはお返しの心配とか遠慮なんてしないで子供と一緒に大いに感謝して喜んでいればOKなんですよ♡
おばあちゃんは「喜んでもらう」ことにお金を払っているんですから。

お金は使わなければただの紙切れ。

あれが欲しい、これが欲しい。欲があるうちに手にしておくべきです!
食べたいものがあるうちにどんどん食べておくべきです!
行きたいところがあるうちにどんどん行っておくべきです!

そのためにはお金が必要ですよね?
だから一緒にみんなでわくわくドキドキお金を貯めましょうよー!

夢が叶う方法を考えましょう♡

気づき

人生の主役は自分自身★

貯金カテゴリの最新記事