手書き貯金簿(家計簿)フォーマット無料印刷ページ

手書き貯金簿(家計簿)フォーマット無料印刷ページ

hanaがエクセルで作成した貯金簿(家計簿)の解説と無料ダウンロードページです。

毎週月曜日にメルマガでコンビニなどですぐ印刷できるコード配布中♪
著作権は放棄しておりません。自作発言・再配布はご遠慮ください



広告



無料ダウンロードと書き方・見直し方

貯金簿見本

  貯金簿(1年間の貯金額の推移)

書き方

生活費、年払いの積み立てなど使うためのお金を袋分けファイルや特別費口座などに給料日~翌月1日までに先に移しておき、残った純資産残高合計を毎月1日に青色の枠の欄に月1回記録するだけ。

マネーフォワードなどの銀行口座取得機能のあるアプリを使えば複数口座があっても簡単に残高合計を出すことができます。家計簿アプリに抵抗がある方は、通帳を記帳して残高を足すのでもOk。同じことです。

私は、毎月末時点の残高を翌1日に5分で書いていますよ(o^^o)

青色の枠のすぐ下のピンクの枠今月ー先月の総貯金額を書いてください。それが1カ月のやりくり結果です。1円単位まで正確に分かりますよ。

出来事欄や内訳欄は自由にお使いください♡グラフを書くと貯金額の推移がイメージしやすいです!

袋分けをしない方でもこの貯金簿だけでも書くといいですよ♪

内訳そのものよりも、残高の推移を追え★

ほとんどの場合、銀行口座にお金が振り込まれ、そこから引き出したり引き落とされたりしますので、銀行口座の増減をベースにして考えています。その他の預金ではない、株や投資、貯金型保険等あれば内訳欄に記入すると管理しやすいですよ。

いかにお金を出さないかに集中するより、口座残高がどんどん増えるイメージで固定費をいつもより抑える、振り込まれる原因を自分で増やすことで貯金額はどんどん加速していきます♪

過去の記録は覚えておきたいことのみ、空いた時間で情報収集や行動をすることが自分でも予想もしていなかった未来へ繋いでくれると実感しています!

ぜひご活用いただき、お役に立てたら嬉しいです(o^^o)

人間だから感情に波があったり、失敗しちゃうこともたくさんあると思う。そんな中でも、多少の失敗を笑いあえて、大切な人と穏やかな時間が過ごせたらこんなに幸せな事はありません♪

hanaのズボラ家計簿のつけ方カテゴリの最新記事