予算は1度立てておけば、家計管理がこの先ずっと簡単になる!

予算は1度立てておけば、家計管理がこの先ずっと簡単になる!

とても嬉しいコメントをいただきましたー!

hanaさんの家計管理を参考にさせていただいて…400万円を突破しました!!
老後にと考えている保険がなかなか厳しく毎月理想通りの貯金とまではいきませんが…毎月5万ずつでも10万ずつでも貯めていき貯金表が増えていくのが楽しくて頑張れますね(o^^o)

hanaさんも頑張ってるし私もがんばろー!!と楽しくできます^ ^

400万突破おめでとうございます♡いくら貯金額が増えたか確認するだけでも、楽しくやる気がでますよね!


広告

家計管理は自分でややこしくしないこと!

私は貯金簿(月1回総資産を書くだけ)+目的別袋分け(決めた予算を振り分けるだけ)で家計管理をしています。とても簡単でシンプルです。

参考 ずぼらな私がしている家計管理方法

家計管理は難しい大変だと自分でハードルを上げずに、自分に合っていたらラッキーくらいの気楽な感覚で色々な方法に挑戦してみよう!

特に私がオススメしたいのは、予算を立てること。お金の使い道と金額を決めておけばいざ使うときに出し惜しみしなくなりますよ。予算を組むって大変なんじゃないの!?と思うかもしれませんがとても簡単です!

ずぼらでも、こどもでも出来る予算の立て方

【予算立ての方法】※最初の1回だけ

1・1か月分の収入分を(1000円札多め)ATMでおろしてくる。※給料が一定ではない人は少ない月を基準にする。※ATMでお金を下ろすとき最後の方に表示される「両替」ボタンを押せば、1万円分だけ1000円札で出てきます。

1か月のお給料分を下ろしてきたことを示すお札のイラスト

2・固定費・やりくり費・先取り貯金・予備費・予想できる出費・積み立てたい項目を書き出し、おろしたお金をすべて振り分け。1000円単位でざっくり多めに予算を立てます。変動のある支出(電気代など)は1年間の平均額で1年固定します。予算より少なく済めば済むほど貯金が増えます。(先取り貯金+予算で余った分=貯金)毎月少しずつ項目や金額を調整していくので、神経質になる必要はありません★

予算分けで悩む主婦のイラスト画像

3・予算が決まったら袋分け用の袋を用意し、決めた予算を毎月管理できるような表を作る。
袋わけ例↓
袋わけ家計管理
お金ファイルの作り方 袋分け家計管理の写真画像

袋わけの状況を毎月チェックする表(例)↓
袋わけ推移表

【毎月の作業】

給与日にお金をおろしてきて、振り分け。足りない項目があれば増やして他の項目から金額調整。いらない項目があれば消して他の項目に金額を振り分け。

例)

  • 車検費用5000円/月を新しく追加→修繕費2000円/月、レジャー費3000円/月を減らして補てん
  • 入学準備費用5000円/月を減らす→食費3000円/月、旅行積み立て2000円/月増やす

スポンサーリンク

hana家の予算見直し

今月予算を見直しました!夫が給料UPしたので、他の積み立て項目は減らしていません。

見直した項目↓

  • 【積み立て額UP】町内会費を1年分一括で支払った(修繕費から借りた)ため、修繕費返済2000円/月+来年分の一括支払い積み立て2000円/月(合計4000円/月)
  • 【積み立て額UP】固定資産税の4年目UPに備えて+5000円/月
  • 【積み立て額UP】車を1台軽から普通自動車に変わったので+10000円/月
  • 【お小遣いUP】旦那さん昇給のため+10000円/月
  • 【項目追加】子どもが生まれたので次女貯金新規積み立て+3000円/月(児童手当・お祝いでいただいたお金とは別に)
  • 【項目追加】お庭DIY用積み立て+3000円/月

1度予算を立てておけば、次は1からやり直しではなく、調整が必要な項目の金額を書き直すだけなので楽ちんです!

袋分け家計管理記録表

袋分け家計管理の自作記録表に変更した金額や内訳・メモなどなんでも書き込んでいます♪

気づき

どうせお金を使うなら、予算内で思い切って楽しく♪

hanaのズボラ家計簿のつけ方カテゴリの最新記事